更新日:2018.12.16

ふるさと納税サイトをランキング形式で紹介

ふるさと納税サイトを選ぶ際に、様々な返礼品があるのは確かに魅力ですが、サイトがわかりにくかったり、税金の手続き(案内)が不親切だったりすると困ってしまいますよね。

そこで、自分が今まで使用したことがある"ふるさと納税サイト"をランキング形式でまとめてみました。 ご参考までにどうぞ。

1位:ふるなび

"ふるなび"の魅力は、返礼品の豪華さです。

返礼品の還元率が高くて知られている自治体、大阪府泉佐野市、茨城県境町、静岡県小山町や、家電の返礼品がある自治体、長野県飯山市、茨城県日立市など、そういった自治体をすべて網羅しているのは、"ふるなび"のみです。

その為、他のふるさと納税サイトと比べても、旅行券や金券の取扱数が多いのも特徴です(※2019年6月より、ふるさと納税の高額返礼品に対して是正する規制が導入予定の為、今後、なくなる可能性が高いです)

また、ふるさと納税の金額に応じて、Amazonギフト券をもらうことができるのも魅力です。

  •  人気家電用品や、旅行券、金券の取扱数が多い
  •  返礼品の種類が豊富
  •  返礼品のレビューを見ることができるので失敗が少ない
  •  寄付金額に応じて、Amazonギフト券がもらえる

2位:さとふる

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

"さとふる"の魅力は、返礼品の豊富さもありますが、個人的にはワンストップ特例制度のしやすさが一番の魅力ではないかと思います。

通常、ワンストップ特例制度の書類は、後日、ふるさと納税をした自治体から送られてくるのですが、"さとふる"の場合は、サイト上で書類をダウンロードが可能です。

ふるさと納税をする際は、1箇所の自治体だけで済ますということは少ないと思いますので、複数箇所に納税した場合などは、書類を探す手間もなくるので非常に便利です。

また、確定申告の説明などもサイト内でわかりやすくまとまっており、使いやすさでは頭一つ抜け出ていると思います。

返礼品のレビュー数が多いこともあり、それを見てから注文できるので、返礼品で失敗する確率が減るのもありがたい。

  •  ワンストップ特例を申請する書類がサイト上からダウンロード可能
  •  返礼品の種類が豊富
  •  返礼品のレビューを見ることができるので失敗が少ない
  •  様々な決済方法が使える

3位:楽天ふるさと納税

"楽天ふるさと納税"の魅力は、なんと言っても手軽さ。普通に、楽天市場で買い物をするのと同じ感覚で、ふるさと納税が完了してしまうことです。

また返礼品の種類も豊富で、品揃えなら数ある"ふるさと納税サイト"の中でも一番かもしれません。ただ若干、特定の地域や特産品に絞って納税したい場合は、少し使いにくいかも・・・。

そして、"楽天ふるさと納税"の最大の利点は、楽天スーパーポイントを使用したり、貯めることができることです。
例えば、支払いを楽天カードで決済して、楽天スーパーセールなどにあわせて申し込むと、楽天スーパ-ポイントを最大15倍もらうこともできます。

楽天カードを持っているなら、"楽天ふるさと納税"は非常にお得です。

  •  楽天スーパーポイントももらうことができる(支払いも可能)
  •  返礼品の種類が豊富
  •  返礼品のレビューを見ることができるので失敗が少ない
  •  楽天セールを利用すると、さらにポイント還元率が上昇

4位:ふるさとプレミアム

ふるさとプレミアム

"ふるさとプレミアム"の魅力は、Amazonギフト券やビール券、JCB のギフト券をこれでもかと宣伝しているところです。

ただ、ご存知の通り、政府がふるさと納税の返礼品に関して、規制を強めていることもあり、いつまで還元率の高い金券(ギフト券)を返礼品として用意しているかはわかりませんが、2018年12月31日までは問題ないでしょう。

返礼品自体は多くないですが、人気の自治体の長野県飯山市大阪府泉佐野市佐賀県みやき町といった家電を多く取り扱っている自治体も参画しています。

また、ふるさと納税をした金額の1%を、Amazonギフト券で還元するキャンペーンも開催しています。(※2018年12月31日まで、還元金額を3%に増額中です)

  •  ギフト券、家電などの人気高還元率商品を多数取り揃え
  •  寄付金額に応じて、Amazonギフト券がもらえる
  •  季節に応じた返礼品のキャンペーンの品揃えが秀逸!

5位:ふるり

"ふるり"は、他のふるさと納税サイトとは少し違い、返礼品ではなく、自治体が力を入れている"プロジェクト"に寄付することができます。

例えば、岐阜県美濃加茂市の里山再生プロジェクトでは、自然を守るための活動費としての寄付を求めているので、そのプロジェクトに賛同できる場合に、自分の好きな金額(自治体によっては上限を設けているところもあるかもしれません)を寄付することができます。

もちろん、その金額に応じて返礼品はありますが、返礼品を選ぶことは基本的にできません(返礼品自体を辞退することもできます)。
ただ、ユニークなプロジェクトも多いので、人によってはそのプロジェクトに参加すること(寄付すること)自体に価値があるかもしれません。

数は多くないですが、普通にふるさと納税をして、肉や魚などの返礼品も受け取ることも可能です。

  •  各自治体のプロジェクト(活動)に対して寄付をすることができる
  •  プロジェクトへの寄付は上限を設けていないものもある
  •  100万円近い商品の返礼品が用意されることも・・・
ページトップへ