控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安

例えば、年収400万円の独身または共働きの場合、ふるさと納税額(購入額)の年間目安額は、42,000円です。つまり、42,000円まで納税すると、翌年度の住民税の控除額が最大(お得)になります。(確定申告をおこなう場合、所得税も控除の対象)。
ただし、自己負担額の2,000円は負担する必要があります。

もう1つ、モデルケースとして、4人家族の例をあげるとこんな感じです。

ふるさと納税控除額のモデルケース

全額控除されるふるさと納税額の目安一覧表

ふるさと納税で全額控除される納税額(年間上限)の目安となる一覧表です。

※1「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が配偶者(特別)控除の適用を受けていないケースを指します。(配偶者の給与収入が141万円以上の場合)

※2「夫婦」は、ふるさと納税を行う方の配偶者に収入がないケースを指します。(ふるさと納税を行う方本人が配偶者控除を受けている場合)

※3「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は「19歳から22歳の特定扶養親族」を指します。

※4 控除額に影響がないため、中学生以下の子供は計算に入れる必要はありません。
例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。

ふるさと納税者本人の給与収入 ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は共働き※1 夫婦※2又は
共働き+子1人
(高校生※3
共働き+子1人
(大学生※3
夫婦+子1人
(高校生)
300万円 28,000円 19,000円 15,000円 11,000円
350万円 34,000円 26,000円 22,000円 18,000円
400万円 42,000円 33,000円 29,000円 25,000円
450万円 52,000円 41,000円 37,000円 33,000円
500万円 61,000円 49,000円 44,000円 40,000円
550万円 69,000円 60,000円 57,000円 48,000円
600万円 77,000円 69,000円 66,000円 60,000円
650万円 97,000円 77,000円 74,000円 68,000円
700万円 108,000円 86,000円 83,000円 78,000円
750万円 118,000円 109,000円 106,000円 87,000円
800万円 129,000円 120,000円 116,000円 110,000円
850万円 140,000円 131,000円 127,000円 121,000円
900万円 151,000円 141,000円 138,000円 132,000円
950万円 163,000円 154,000円 150,000円 144,000円
1000万円 176,000円 166,000円 163,000円 157,000円
1100万円 213,000円 194,000円 191,000円 185,000円
1200万円 242,000円 232,000円 229,000円 222,000円
1300万円 271,000円 261,000円 258,000円 252,000円
1400万円 355,000円 343,000円 339,000円 331,000円
1500万円 389,000円 377,000円 373,000円 366,000円
2000万円 564,000円 552,000円 548,000円 540,000円
2500万円 849,000円 835,000円 830,000円 822,000円
ふるさと納税者本人の給与収入 ふるさと納税を行う方の家族構成
共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
300万円 7,000円 -
350万円 13,000円 5,000円
400万円 21,000円 12,000円
450万円 28,000円 20,000円
500万円 36,000円 28,000円
550万円 44,000円 35,000円
600万円 57,000円 43,000円
650万円 65,000円 53,000円
700万円 75,000円 66,000円
750万円 84,000円 76,000円
800万円 107,000円 85,000円
850万円 118,000円 108,000円
900万円 128,000円 119,000円
950万円 141,000円 131,000円
1000万円 153,000円 144,000円
1100万円 181,000円 172,000円
1200万円 219,000円 200,000円
1300万円 248,000円 238,000円
1400万円 277,000円 267,000円
1500万円 361,000円 350,000円
2000万円 536,000円 524,000円
2500万円 817,000円 804,000円

ふるさと納税の限度額の計算はいつの年収でするの?

ふるさと納税の全額控除されるふるさと納税額の目安はわかった思いますが、ふるさと納税の限度額の計算はいつの年収でするのでしょう?

それは、ふるさと納税をおこなう年の1月1日から12月31日までです。

つまり、2018年にふるさと納税をする場合、2018年の1月から12月末までの所得から限度額を計算することになります。

ここで、「あれ?」と疑問に思った方もいるでしょう。

実際に、ふるさと納税をする時は、まだ正確な上限金額がわかってない状態なのです。

例えば、営業などの成績によって、冬のボーナス(賞与)の金額が大きく変わってくる人は、本当にギリギリにならないと、計算ができないのです。

とはいっても、ギリギリになって、返礼品を選ぶのは大変だし種類も限られるので、収入が確定した分を1年に2、3回に分けて申し込んでいくのが、ふるさと納税をフルに活用するコツだと思います。

ふるさと納税の返礼品を確認する

ページトップへ